鳥取大学工学部 社会開発システム工学科 「社会技術者とは? 」
main_top
社会技術者とは? 学生の生活 教育への取り組み 研究室紹介 お知らせ
「社会技術者」とは?
将来,何をつくる人に?
私たちに何ができる?
教育・研究内容

教育・研究内容

 カリキュラムは,入門科目(大学入門ゼミ,情報リテラシ,キャリア入門),教養科目(人文社会,自然など),外国語科目,健康スポーツ科目といった全学共通科目と,モデリング技術,情報処理技術,経営管理,公共政策,防災環境,プ ロジェクト科目の専門科目からなっています.これらの科目は,講義・演習・実験で構成されており,専門科目の内訳は必修38科目,選択17科目(学外実習を含む)となっています.多面的な知識集積により,社会技術者の5つの能力を修得できるカリキュラムを用意しています.


 入学後3年間で以上の全学共通科目と専門科目を修得したのち,3年生後期になると,研究室に配属されて卒業研究を行います.教員とのふれあいの中から,基礎学力の充実と豊かな創造力・応用力を養います. 社会システム土木系学科 社会経営工学プログラム,および,社会開発システム工学科は,情報システム,経営システム,公共システム,都市計画,防災計画,環境計画の6研究室より構成されており,様々な研究分野のフロンティアで活躍している教員スタッフが集まっています.
 本学科の教育プログラムは,「日本技術者教育認定機構」(JABEE)より,経営工学関連分野で認定第1号を取得しており,世界諸国の国際基準に合致した技術者教育であることが保証されています.

  情報システム研究室    「高品質な情報システムの実現
  経営システム研究室    「不確実な環境下での意思決定
  公共システム研究室    「持続可能な地域づくり
  都市計画研究室    「地域・都市問題を解決する
  防災計画研究室    「地域のハード防災とソフト防災を考える
  環境計画研究室    「安心な暮らしと環境の両立をめざして